「GD(グループディスカッション)対策<第三回>」

>


就活生の皆様、お疲れさまです^^
今回は、前回の告知通り、5つのGDタイプの出題例をまずはご紹介。
その後、ディスカッションの大まかな流れについてと
ディスカッションの進め方について解説していきますね。

前回のおさらいです。

5つのGDのタイプ

①アイディアタイプ
②マーケティングタイプ
③ディベートタイプ
④グループワークタイプ
⑤フェルミ推定タイプ

この5つがありましたね!

①から順に、過去に出題された企業別の出題例をみていきます(以下、内定塾より引用)

①アイディアタイプ

Q.よい仕事とは何か(三井物産)
Q.CSとは何か(JR東海、高島屋)
Q.社会人と学生の違いは(カルピス、UCC上島珈琲、ワコールホールディングス)
Q.生き残る企業の特徴は(三菱重工業)

②マーケティングタイプ

Q.日本への外国人観光客を増やす方法を考えよ(日本IBM)
Q.日本の大学教育の国際競争力を向上させるには(アクセンチュア)
Q.ツバキの売上を伸ばすには(資生堂)
Q.新しいフリーペーパーを創刊するとしたら、どのようなものにするか(ライオン)
Q.シニア世代に普及させるIT商品を考えよ(NTTコミュニケーションズ)

③ディベートタイプ

Q.終身雇用制度の是非について(日本サムスン)
Q.やりがいと給料のどちらが大切か(日本旅行)
Q.私立中学受験の是非について(三菱東京UFJ銀行)
Q.タレント議員の是非について(博報堂)

④グループワークタイプ

Q.資料を見ながら、取引先企業の支援を行う(三井住友銀行)
Q.詳細な資料を渡され、3種類の新商品企画案のうち、どれを採用するか(P&G)
Q.テニス部に関する資料が配られ、5人の中から主将と副主将を決める(日本ハム)
Q.イタリア料理のチェーン店をA,B,Cのどの土地に出店するのがよいか(東宝)
Q.花王の企業理念に合う人材を与えられた8人の中から3人中途採用する(花王)
Q.各人別の情報を与えられそれを口頭で伝え、地図を完成させる(日本IBM)

⑤フェルミ推定タイプ

Q.日本の歯ブラシの年間消費本数は(日本IBM)
Q.日本全国の傘の本数は(ATカーニー)

フェルミ推定について更に詳しく解説する!

フェルミ推定とは、把握することが困難な数値・量を、仮定や推論を根拠に数値を導き出す法則のことである。

<テーマ例>シカゴにはピアノの調教師が何人いるか?
(仮定1)シカゴの人口は約300万人とまず考える
(仮定2)シカゴの1世帯あたりの人数を平均3人と仮定
(仮定3)10世帯に1台の割合でピアノを所有している世帯があると仮定
(仮定4)ピアノの調律は1年間に1回行うと仮定
(仮定5)調教師が1日に調律するピアノの台数は4つと仮定
(仮定6)調教師は週休2日制で1年間250日働くと仮定する

すると・・・
<シカゴの世帯数>
300万人÷3人=100万世帯
<シカゴでのピアノの総数>
100万世帯÷10世帯=10万台
<調教師1人が1年間に調律できるピアノの数>
250日×4台=1000台

問われているのは、シカゴにピアノの調教師が何人いるか?
ということなので、上記より
10万人<シカゴでのピアノの総数>÷1000台<調教師1人が1年間に調律できる数>=100人
よって、シカゴにいるピアノの調教師は100人程度
という回答になります。

仮定、仮定を繰り返し、的確な値を求めていってください!

今回は長くなってしまったため、
ディスカッションの大まかな流れについてと
ディスカッションの進め方についてを次回解説していきますね。

今回も、最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
次回も、魅力的な情報満載で記します。是非お読みください。
お読み頂いて少しでも参考になられた方は、下記をクリックご協力お願いしますm(__)m


就職活動 ブログランキングへ

By

良い会社とはどんな会社?大企業? 内定を決めよう!

「GD(グループディスカッション)対策<第三回>」

就活生の皆様、お疲れさまです^^ 今回は、前回の告知通り、5つのGDタイプの出題例をまずはご紹介。 その後、ディスカッションの大まかな流れについてと ディスカッションの進め方について解説していきますね。 前回のおさらいです。 5つのGDのタイプ ①アイディアタイプ ②マーケティン ...

当ブログへお越し頂き、誠にありがとうございます^^ 当ブログ・運営管理人KAKOと申します。末永くこのブログが愛されますように・・・ 当ブログの作成動機としましては、単純に「就活が好きだった」「会社勤めが好きだった」「就活のときに周囲の仲間・先輩方に多いにサポート頂いた・・・だから今度は私が就活生を”支援”したい」という気持ちに至りました。どうぞよろしくお願いいたします^^  <略歴>  兵庫県立三木高校<国際コミュニケーションコース>/(3年間華道部)(副部長兼会計) 関西学院大学 文学部 文学言語学科 2014年卒業/(4年間マンドリン部)(2NDマンドリン兼会計) 1年目の就活で日本生命CS総合職内定。2年目の就活で専門商社/海外事業部内定。その後転職を繰り返し、現在はフリーランスブロガーとして全国の就活生に情報を発信しています^^  ~就活生へのメッセージ~  「最近の就活生は、面接の際に小さくなっているように感じる・・・」これは私の人事をしている友人から聴いた言葉です。就活は、まったく小さくなる必要はありません。面接官も、あなたと同じ人間。確かに、人生経験や社会人経験、現在のスキルではあなたを上回ることでしょう。しかし、その面接官も最初は皆あなたとおなじ道を歩み、新人から始まったのです。大切なことは、面接官に臆することなく、企業に対し存分にあなたの良さ、企業に対する想いをアピールすること・・・ブログを通してで、非常に間接的なアプローチにはなりますが、あなたの内定の一助になれるよう、当ブログでは発信して参りますので皆様の応援の程、何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m就活ランキングにも参加中です。あなたの”清き一票”よろしくお願い申し上げますm(__)mそれではあなたに合ったあなたの希望の企業に内定が決まりますよう心よりお祈り申し上げて最初のご挨拶とさせていただきます☆

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 3,700 アクセス

アーカイブ