「面接で面接官に上手くアピールする方法」~その2~

>


今回のテーマも「面接について」で、今回は少し違った観点から書こうと思います^^

“仕事内容”と”自身の強み”を連携させて(絡めながら)書く

まずは、あなたが志望する仕事内容(営業職や事務職などを指します)
をしっかりと理解する必要があります。

書店に行けば「営業とは?」など、自己啓発本コーナーなどで
新社会人向けに売られていると思います。

時間がまだ余裕のある今、さらっとでもよいので目を通しておきましょう!

また、ここでもOB訪問の先輩に「職種」の説明を聞けば目からうろこです^^
是非、行動してみましょう!

なぜ”仕事内容”と絡めて書く必要があるのか?

結論から申し上げると、面接官は、あなたが入社後にどのような活躍をしてくれるかをイメージしたいものです。仕事内容をしっかり理解していないと、志望度が低いと思われてしまうかもしれません。面接官にしっかりアピールするためにも、自身の強みと志望職種(仕事内容)を連携させて書くことで、自身の強みを入社後にどのように活かせるかをアピールして、面接官にしっかりイメージさせましょう!

私の回答例をあげてみます。
(富士通 2014卒 ESより引用)
【設問】あなたが選択した職種(営業)を志望する理由を教えてください。

(私の回答)
マンドリン部で培った「あらゆる状況を把握し、新たな解決策を提案していく力」(←”自身の強み”)を貴社の営業職で存分に発揮していきたいと思ったからです。
貴社の営業職は、技術者など多くの関係者を巻き込みながらお客様にとって最善の課題解決を提案、提供していく必要があると考えます。(←”仕事内容”について)
私はさまざまなお客様と関わる仕事を通じ、「今まで誰も取り組んだことのない新たな解決策を生み出せる人間」に成長したいです。そのためには、若手のうちから経験を積むことで、自らの提案でお客様を笑顔にできるような仕事がしたいと考えました。(←入社後どうしたいか?どうなりたいか?)
安心・快適な社会をつくるために、お客様の最善の課題解決策を追及していきたいと強く思い、貴社の営業職を志望いたします。

(補足)
就活生のES添削をしていて最近気づくことなのですが、よく「貴社や社会に貢献したいと思います。」という文面を目にします。「貴社に貢献したい」ならOKなのですが、「社会に貢献したい」という言葉は、ESにおいても面接においても採用担当者にあまり良い印象を与えません。というのも、「社会に貢献する」というニュアンスが、ボランティアチックとなり、会社はボランティアではないためです。利益を生み出す必要性があることをしっかりと理解しましょう!

面接では、「結論」から伝える!

学生で、前置きが長く、前から前から順に説明する学生がいるのですが、ビジネスの現場では結論を先に伝えることが求められます。面接では、結論から先に答えることを心がけてください^^これは面接だけではなくESでも同じことがいえるので是非意識するようにしてくださいね!

またまた私の回答例をあげてみます。
(蝶理㈱ 2014卒 ESより引用)
【設問】チームで行動するときに注意していることについて具体的に記入してください。

(私の回答)
私は、「周囲に対する心配り」を常に大切にしています。(←設問に対する結論部分)所属するマンドリン部では、パートの後輩の練習を統括する際に未経験者への「心配り」を大切にしました。部活内では、上達の早い後輩もいれば、遅い後輩もいます。自身も、未経験で部活に入って苦労した経験から、後輩の手助けをしたいと強く思っていました。そこで、私は個別に練習を見て紙に書きながら教える工夫をし、後輩が遅れを取らないような手助けを行いました。後には、練習で困っていた後輩から「上手い人ばかりの中でも、いつも声をかけてくれて心強かった」と言ってもらうことができ、後輩を支えることのできた実感を得ました。今後も、「周囲に対する心配り」を大切にし、「頼られる社員」になれるよう業務に活かしていきたいです。(←必ずしめくくり・まとめは社会人になってから、もしくは会社に入ってから「どうなりたいのか」「どう貢献していきたいのか」を書きましょう^^)

最後に・・・

面接への質問には”なるべく簡潔に”答えましょう!

長々と話してしまったり、質問に対する答えになっていない的外れな回答をしてしまうと、コミュニケーション能力がないと捉えられてしまいます。また、話が長いと面接官も疲れてしまいますし、結局何を伝えたいのかが明確にならず逆効果。ビジネス現場でも同じことがいえますが、”短く簡潔に”話すことを頭に入れておきましょう。目安は一分以内で答えるのが理想的です!※「面接官から何分程度でお答えください」など何らかの指示がある場合には、必ず指示に従いましょう。

今回は、ここまでです^^
お読みいただきありがとうございました。次回も「面接対策」が続きます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

【就活生のあなたへ】ES添削代行します!

お読み頂いて少しでも参考になられた方は、下記をクリックご協力お願いしますm(__)m


就職活動 ブログランキングへ

By

良い会社とはどんな会社?大企業? 内定を決めよう!

「面接で面接官に上手くアピールする方法」~その2~

今回のテーマも「面接について」で、今回は少し違った観点から書こうと思います^^ “仕事内容”と”自身の強み”を連携させて(絡めながら)書く まずは、あなたが志望する仕事内容(営業職や事務職などを指します) をしっかりと理解する必要が ...

当ブログへお越し頂き、誠にありがとうございます^^ 当ブログ・運営管理人KAKOと申します。末永くこのブログが愛されますように・・・ 当ブログの作成動機としましては、単純に「就活が好きだった」「会社勤めが好きだった」「就活のときに周囲の仲間・先輩方に多いにサポート頂いた・・・だから今度は私が就活生を”支援”したい」という気持ちに至りました。どうぞよろしくお願いいたします^^  <略歴>  兵庫県立三木高校<国際コミュニケーションコース>/(3年間華道部)(副部長兼会計) 関西学院大学 文学部 文学言語学科 2014年卒業/(4年間マンドリン部)(2NDマンドリン兼会計) 1年目の就活で日本生命CS総合職内定。2年目の就活で専門商社/海外事業部内定。その後転職を繰り返し、現在はフリーランスブロガーとして全国の就活生に情報を発信しています^^  ~就活生へのメッセージ~  「最近の就活生は、面接の際に小さくなっているように感じる・・・」これは私の人事をしている友人から聴いた言葉です。就活は、まったく小さくなる必要はありません。面接官も、あなたと同じ人間。確かに、人生経験や社会人経験、現在のスキルではあなたを上回ることでしょう。しかし、その面接官も最初は皆あなたとおなじ道を歩み、新人から始まったのです。大切なことは、面接官に臆することなく、企業に対し存分にあなたの良さ、企業に対する想いをアピールすること・・・ブログを通してで、非常に間接的なアプローチにはなりますが、あなたの内定の一助になれるよう、当ブログでは発信して参りますので皆様の応援の程、何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m就活ランキングにも参加中です。あなたの”清き一票”よろしくお願い申し上げますm(__)mそれではあなたに合ったあなたの希望の企業に内定が決まりますよう心よりお祈り申し上げて最初のご挨拶とさせていただきます☆

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 3,700 アクセス

アーカイブ